Piero Lissoni デザイナー
空間の進化

空間研究のためのサルトリア的アプローチ

Boffiシステムは、定評のある職人技とエンジニアリング能力、そして魅力的なカスタマイズの需要から生まれました。

アクセサリー

細部にいたるまでの完璧なデザイン

「Antibes」のウォークインクローゼットは、モジュール式の細区分から、棚、引き出し、トレイの選択にいたるまで、高度にカスタマイズされています。このように、仕上げと素材の両方で、品質が高くなっています。

コーナー

コーナーソリューションは、構成にさらなる多様性をもたらします。

ガラスのありがたさは、構成の最後にコーナーを美しくしてくれて、内部に軽さを与えると同時に、中身を保護してくれます。

「透明性、新しい備品、新しい建築規模、新しいドア、木材...」

Piero Lissoni
Shades

ドアの向こうに秘密はありません

ウォークインクローゼットは、「Shades」ドアシステムで定義することもできます

アイランド引き出しユニット

ウォークインクローゼットはただのお部屋ではありません

「Antibes」のウォークインクローゼットのデザインは、アイランド引出しユニットによって完成され、仕上げとモジュール性の両方で建築的な構成要素となっています。

Antibes cabina

説明

ウォークインクローゼットのモジュールシステムは、構造的なサイドパネルを備えており、高度なニーズを満たし、柔軟性のある構成をご提供できるようデザインされています。豊富な備品のオプション、エレガントな仕上げ、内蔵照明が特徴的です。システムには、メラミン、ラッカー、ベニヤ板を使用した構造用サイドパネルとバックパネル、あるいはアルミ製フレームとガラス、レザー、ファブリックなどさまざまな仕上げのパネルを使用したフレームバックパネルがあり、特徴的です。ウォークインクローゼットには、引き出しユニットや引き出し式の棚、棚板などが豊富に装備されています。また、棚板やキャビネットのサイドパネルにガラスを使用することで、滑らかな透明感を実現し、洋服や靴、アクセサリーなどを飾ってインテリアを見せられます。最先端の仕上げとして、バックパネルや棚板、引き出しのフロントにマイクロファイバーやレザーのカバーをいろいろな色で施すことができます。ウォークインクローゼットシステムを完成させる、アイルランド型の片面または両面引き出しユニットは、筒状の金属ベース構造も備えています。引き出しは、プッシュオープン方式「tip-on」になっており、鏡面仕上げをはじめとするさまざまな仕上げが可能で、引き出し式トレイを備えたオープンフェイスの棚が特徴です。「Antibes」のサイドパネル付きウォークインクローゼットは、「Antibes」のヒンジ式ドアが付いたワードローブ構成物で完成させることができます。デザイナーはPiero Lissoniです。

2020

ダウンロードエリア 店舗を検索