テルアビブ / 2018

都市

テルアビブ

Israel

説明

すべては隠され、壁は自由自在に設定可能です。テルアビブにある新設タワーの最上階に位置するペントハウスでは、都市のスカイラインを遮るものは何もありません。大きな窓からは周囲を一望する絶景を眺めることができます。このプロジェクトで最初に印象に残るのはその厳格な中立性であり、それはホワイトの壁と床で強調され、大都会の環境と、一日のさまざまな光で空間を自然に彩る空と密接な関係にあります。

物理的で感覚的なダイナミズムが、このアパートメントの不可欠な要素となっています。300平方メートル以上の広さに展開されたフロアに加えて、70平方メートルの大きなバルコニーがあり、このペントハウスのさまざまな機能を格納した「スマートウォール」という単一の壁が縦方向に交差しています。この壁には、キッチンのキャビネットや食品用の冷蔵庫、仕事や勉強に使用するエリア、家族のシーティングエリア用のテレビ、プライベートスペースにつながるドアが設置されており、隠された開閉システムによって、ハウスの他の部分と合体させたり、遮断したりできるように設計されています。

すっきりとしたダイナミックな幾何学的形状の戯れは、ライトボックスの秩序ある構成のように天井から差し込む建築的照明によっても引き立てられています。これらの選ばれた家具や内装は、純潔さと極めて重要な機能性を強調しており、そのフォーカルポイントは、Norbert Wangenによる洗練されたBoffi K14キッチンです。

その革新的なコンセプトは、動きを拘束しないように考えられたインテリアの自由な感覚を強調し、家庭において「中心に集まる」という概念を維持することも、変化させることもできます。最も無味乾燥で壁のない空間にも、そのコンセプトを適用することができます。

2018

クレジット

アーキテクチャ / Design : Pitsou Kedem, Avital Shenhav. ,In charge architect: Avital Shenhav ,

カメラマン / Photography: Amit Geron ,Styling for Photography: Eti Buskila , ,

ダウンロードエリア 店舗を検索