Patricia Urquiola デザイナー
フェミニンな考え方

技術革新のクラシックな味わい

「感触のよい、具体的でリアルな素材を使ったキッチンをイメージをもちました。連結構成やさまざまな大きさのものを作ることができ、必要なツールはいつでもすべて利用できます。」

マットなブラックメタルの構造

革新的で、環境に優しく、手触りが良く、カスタマイズ性が高い

単色でデザインすることも、色や素材を組み合わせてデザインすることもできます。構造を固定したまま、さまざまな仕上げを施したパネルの組み合わせで完成させ、経年変化で交換することも可能です。洋服と同じようなものです。

カラーガラス製ウォールユニット

ガラスを選択した場合

着色ガラスやリブ付きのガラス、透明感のあるフロストガラスなど、想像力をかきたてられるものばかりです。

幾何学的な素材

キッチンで残った素材

シンクには天然石を使用しています。ワークトップには、マットなセラミックや大理石、石材、シチリアの天然溶岩石が使われています。装飾は、幾何学的でシンプルなモジュール式。

アクセサリーを入れるハイテクなトレンチ

技術的な側面は完全に隠されています

ハイテクなトレンチには、さまざまなツールや備品を保管するための特別なコンテナが置かれ、同時に配管や電気部品も隠しています。

スライド式のスナックテーブル

動くサテライト

固定式、着脱式、スライド式のテーブルは、魅力的で機能的です。

サリナスは、私が子供の頃に過ごしたビーチです。アストゥリアス州のビスケー湾に沿った砂丘のある長い砂浜で、巨大な波が砕け散り、強烈な色をしています。祖父の家のキッチンは、まさにそのビーチを見渡せる場所にあったので、当時の楽しい思い出を蘇らせてくれます。

Patricia Urquiola

Unmute
Loaded: 0%
Progress: 0%
Remaining Time -0:49
 

Salinas

説明

「サリナスは、私が子供の頃に過ごしたビーチです。アストゥリアス州のビスケー湾に沿った砂丘のある長い砂浜で、巨大な波が砕け散り、強烈な色をしています。祖父の家のキッチンは、まさにそのビーチを見渡せる場所にあったので、当時の楽しい思い出を蘇らせてくれます」と、Patricia Urquiolaは「Salinas」のインスピレーションの源をこのように語っています。このキッチンは、モジュール式構造のアイデアをベースにしており、信頼できる力強くて直線的なデザインを維持しながら、無限で洗練されたソリューションを提供します。デザイナーは、マットなブラックメタルの構造を「隠れた機械」と定義し、モジュール式ベースユニットを組み合わせれば、マッチした時点で完全に機能的な構成になるとしています。扉とフロントは、ハンドル用の凹みがあり、金属(亜鉛/真鍮/銅)からアルミニウム仕上げ、工業用ガラス、ラッカー、質感のあるコンクリートまで、さまざまな素材と色のライトパネルで作られています。ワークトップは、Patricia Urquiolaによる独自のデザインで、レリーフ状に装飾されたマットなセラミック、大理石、溶岩石のNerosiciliaを使用しています。ワークトップにはアクセサリー付きのモジュールレールや、ダウンドラフトレンジフードも装備されています。また、無垢の水性塗装を施したOlivato ashまたはオイルエフェクトのニスを施したCanalettoウォールナットの「まな板テーブル」も用意されており、スライドさせることで食事の準備用スペースを確保したり、スナック用の天板としても使用できます。備え付けレールに組み込まれたモジュールフレーム構造により、ワークトップが完成します。棚板、ウォールユニット、LED照明バー、ハンギングバーなどを取り付けられます。「Salinas」は、単一の素材、単一の色、あるいは各部品の素材と色の組み合わせなどにより、構成に柔軟性があり、同時に「カスタマイズされた」キッチンとも言えるモジュールシステムです。 本製品は、2015年に「Wallpaper* Design Awards」と「EDIDA-Elle Deco International Design Award」のベストキッチンを受賞しました。2016年には「Compasso D’oro ADI-Associazione per il Disegno Industriale」で奨励賞を受賞しました。

2014

ダウンロードエリア 店舗を検索