2015年、BoffiとDe Padovaは、両社の統合に合意しました。
共有ビジョンで一つになり、バスルームからベッドや収納システム、キッチンから布張り家具、アクセサリーに至るまで、完全に統合された、互いに足りない部分を補い合う、優れたデザインプラットフォームの創造を目指します。この事業により、BoffiとDe Padovaは、両社がすでに取り組んでいる強力な国際化を発展させるために、緊密に協力することになります。その主な目的は、住宅部門とコントラクト部門の両方に毛細血管のように張り巡らされたグループを形成することで、世界における"イタリアのノウハウ"をサポートすることです。
世界60カ国に60以上のモノブランドショップ
これらのショップは、審美的、機能的要求をカスタマイズされた最適なソリューションに変換できる社内の専門チームと、Boffiのコミュニケーションや販売戦略を共有する責任を担っています。それぞれのプロジェクトは、形やサイズ、材料をカスタマイズすることで、オーダーメイドの独自性に迫ります。目的:Boffiを"ただ一つの"類まれな"イタリア製"ブランドとして特徴づけること。.
イタリアンデザインの物語は、Boffiファミリーの小さな歴史でもあります。
3人のアシスタントディレクター、Luigi Massoni、Antonio Citterio、Piero Lissoniの賢明な指示のもとで、背景や知識が異なる多くのデザイナーが参加しました。
Antonio Citterio 建築家
Piero Lissoni 建築家
Luigi Massoni 建築家
洗練された写真カタログや技術マニュアルのコミュニケーション効果も手伝って、50年以上の実績を持つこのブランドの名声と信頼性は、1980年以降高まっています。クリエイティブで文化的な世界のイベントを推進することで、Boffiのアイデンティティを強化しています。一例をあげると、ミラノサローネの期間中、見本市出展をやめ、市内の代表的な場所で出展するという先駆的な動きです。それは、Piero Lissoniの芸術的な方向性にエネルギーとインスピレーションを見出す、新たな段階の始まりです。
Piero Boffiが会社を設立したのは1934年でした。
それ以来、社会的な慣習、ライフスタイル、美意識など、多くの変化がありましたが、80年以上にわたって、Boffiとその活動はスタイルやテクノロジーの変化を表現し、常に世界的な革新とデザインの代名詞となっています。
ダウンロードエリア 店舗を検索