デザイナー

Davide Groppi

Davide Groppiは、1963年、ピアツェンツァで生まれました。1988年、街の歴史的中心部にある小さな工房からスタート。自分の名前を冠したブランドのランプを発明し製造。

彼のインスピレーションの源は、真実に近づくのと同じように光に近づく試みであり、美によってその探求が可能になるのです。
シンプル、明るさ、情緒、創意工夫が不可欠な要素である数々のオブジェや照明プロジェクトを実現してきました。
照明づくりは精密科学ではないが、メソッドは必要だということを念頭に置きながら、彼は作品に取り組んでいます。それは、直感の発見であり、内観する強さなのです。
自分の作品に対する愛情、そしてすべてを理解したいという強い衝動に動かされて、Davideは「発想力、直感、ビジョン、回復」というデザインの4つのパラダイムを見極めました。
2014年、SampeiとNullaのプロジェクトがCompasso d'Oro(XXIII edition)を受賞。2016年、ランプ「TeTaTeT」に、2016 Menzione d'Onore Compasso d'Oro賞は授与されました。
Boffiとのコラボでは、2000年にランプ「Ozen」、2001年に「Toast」のデザインを手がけています。

彼のインスピレーションの源は、真実に近づくのと同じように光に近づく試みであり、美によってその探求が可能になるのです。
シンプル、明るさ、情緒、創意工夫が不可欠な要素である数々のオブジェや照明プロジェクトを実現してきました。
照明づくりは精密科学ではないが、メソッドは必要だということを念頭に置きながら、彼は作品に取り組んでいます。それは、直感の発見であり、内観する強さなのです。
自分の作品に対する愛情、そしてすべてを理解したいという強い衝動に動かされて、Davideは「発想力、直感、ビジョン、回復」というデザインの4つのパラダイムを見極めました。
2014年、SampeiとNullaのプロジェクトがCompasso d'Oro(XXIII edition)を受賞。2016年、ランプ「TeTaTeT」に、2016 Menzione d'Onore Compasso d'Oro賞は授与されました。
Boffiとのコラボでは、2000年にランプ「Ozen」、2001年に「Toast」のデザインを手がけています。

www.davidegroppi.com
ダウンロードエリア 店舗を検索