デザイナー

Patricia Urquiola

Patricia Urquiolaは、1961年オビエド(スペイン)生まれ。現在はミラノを拠点に活躍しています。

Patricia Urquiolaは、マドリード工科大学卒業後、ミラノ工科大学でAchille Castiglioniに師事し、1989年に卒業。1990年から1992年まで、ミラノとパリにてAchille CastiglioniとEugenio Bettinelliのアシスタント講師を務めました。
1990年から1996年にかけてDe Padovaの製品開発責任者を務め、Vico Magistrettiと共に数々の作品を開発。
1996年、Lissoni Associatiのデザイン事務所の責任者に就任。
2001年には自身のスタジオを設立し、プロダクトデザイン、建築、インスタレーションなど幅広く活躍しています。建築分野において彼女が近年手掛けたプロジェクトには、ジュエリー博物館(ヴィチェンツァ)、マンダリン・オリエンタルホテル(バルセロナ)、ダス・ストゥー・ホテル(ベルリン)、ザ・スパ・フォーシーズンズ・ホテル(ミラノ)、ルーム・メイト・ジュリア・ホテル(ミラノ)、イル・セレーノ・ホテル(コモ)、有名ブランドのショールームおよびインスタレーション(ジャンヴィト・ロッシ、BMW、カッシーナ、ミッソーニ、モローゾ、モルテーニ、オフィチーネ・パネライ、H&M、サントーニ)、フィレンツェを拠点に開催されるファッションイベント「Pitti Immagine」のコンセプト立案などがあります。さらに彼女は、アガペ、アレッシィ、ハンスグローエのアクサー、B&B Italia、バカラ、Boffi、Budri、カッシーナ、De Padova、ドリアデ、フェラガモ、Flos、Gan、ジョージ・ジェンセン、Glas Italia、ヘイワース、カルテル、Kettal、Kvadrat、Listone、Giordano、ルイ・ヴィトン、モルテーニ、モローゾ、Mutina、ローゼンタール、Verywoodをはじめとしたイタリアおよび海外の有名ブランドのデザインも手掛けています。
また、ニューヨーク近代美術館、パリ装飾芸術美術館、デザイン美術館(チューリッヒ)、ヴィトラ・デザイン・ミュージアム(バーゼル)、ヴィクトリア&アルバート博物館(ロンドン)、アムステルダム市立美術館、トリエンナーレデザイン美術館(ミラノ)など、様々な美術館やコレクションに彼女の作品の一部が展示されています。
Urquiolaは、Medalla de Oro al Mérito en las Bellas Artes(芸術に対する功労金賞)(スペイン政府より授与)、Order of Isabella the Catholic(カトリックのイザベル女王勲章)(スペイン国王フアン・カルロス1世より授与)、Designer of the decade(ドイツの雑誌社2社のデザインに対して授与)、Home and Häuser、Designer of the Year(壁紙に対して授与)、Ad Spain、Elle Decor International、Architektur und Wohnen Magazineなど、数々の国際的な賞を受賞しています。2015年にミラノ国際博覧会のアンバサダーに任命されたほか、同年9月より、カッシーナのアートディレクターを務めています。
2014年には、Boffiのキッチンシステム「Salinas」のデザインを手掛けました。本製品は、2015年に「Wallpaper* Design Awards」と「EDIDA-Elle Deco International Design Award」のベストキッチンを受賞しています。

www.patriciaurquiola.com
ダウンロードエリア 店舗を検索