デザイナー

Norbert Wangen

1962年、ドイツのプリュム生まれ。ミュンヘン工科大学の建築学科を卒業。

1995年、特許取得の折りたたみ式アームチェア「Attila」をミュンヘンとニューヨークの見本市に出展。作品は現在、ミュンヘンのディ・ノイエ・ザムルング、ヴァイル・アム・ラインのヴィトラデザインミュージアムに収蔵されています。
同年、ミュンヘンのアパートのリフォーム工事を手がけた際、初めてスライド式作業台を組み込んだキッチン「k2」を開発。2000年、ケルン、ミラノ、シカゴの家具見本市で発表しました。
1998年には、『Architektur & Wohnen』誌のインテリア建築士とデザイナーベスト100選にランクインしています。
2002年、ケルンとミラノで、新型の折りたたみ式換気システムを備えたキッチン「K10」を発表しました。2003年、Norbert Wangenの商標がBoffiに譲渡されました。
翌年、「K11」と「K12」が加わり、キッチンコレクションがさらに充実したラインナップになりました。
2004年には、Wallpaper Magazine誌で、国内のベストデザイン賞に輝きました。
2007年、「k14」(純粋さとデザインの本質を追求した革新的なキッチン)、カララマーブルの洗面台「L10」、キッチン/バスルーム用蛇口「w1」を発表しました。
2008年、コレクションにバスルームキャビネット「b14」、2010年には「b15」を追加しました。
さらに、2009年にはキッチン「k1」、2012年にはバスルームキャビネット「b20」と「b21」、キッチン「k20」を発表しました。
2014年、ミュンヘンのHotel Flushing Meadows(フラッシングメドウズホテル)のインテリアデザインプロジェクトに参加。
2015年には、Wallpaper誌が選ぶ「プロダクトデザイナートップ100」にもランクインしています。
2018年、キッチン「K20」は「K21」へ進化しました。
2019年、新モデル「K5」、「K6」、「K6+6」が加わり、Kシリーズはさらに充実したラインナップになりました。

www.norbert-wangen-design.com,
ダウンロードエリア 店舗を検索